カケルの退院とカケル生きる為の

カケルが急ですが退院する事になりました

脳浮腫の為このまま改善の可能性は低いとの事です

でも諦める事なんて出来ません!

残っているの機能を活かしリハビリマッサージを試みます

動物病院さんでは全ての治療を施して頂きました。

これからは、在宅治療に変更となりました。

本日退院しましたが暫く本部でカケルをケアする事に成りました

帰宅後7時間カケルとサリーをじっーと観察しましたカケルの緊張をほぐす為にランプベルジェフランキンセンスとラベンダーオイルで、リビングでリラックスして貰いカケルのご飯を鼻から通されたチューブからの栄養補給です

カケルの命を繋ぐご飯です

ワンコ達のキャンキャン声が入ってます

カケルののど元がゴックンゴックン

舌も少し動きます

出来る事が残った神経はドンドン使って貰います

つれなく見えるかも知れませんが

若いカケルです出来ない事が多く成らない為なんです

カケルは身体中擦り傷だらけです

四肢をバタバタするたびに擦り傷が出来てしまうそうです

薬の副作用も有るのかも知れません

痛しいかも知れませんが

傷は浅いのでお薬とパウダーでケアします

栄養補給の後はスヤスヤ寝て居たので

そのままカケルの仮のお部屋で休んで貰いました

暫く通院と投薬治療を続けてみます

手術等の先進医療は控えます

そして入院治療費の精算をしました

サリーに続き高額医療が続いています

皆様にお願いがございます。

本部ではたくさんの医療ケア中のワンちゃんが暮らしています。

トイレシーツは、スーパーワイドサイズが寝たきりの子達のは、安全で必死アイテムです。日頃はワイドサイズを2枚を裏側をガムテープで合わせていますが、引越しや寝たきの子犬さんと仕事で、寝る時間も有りません。

カケルとサリーの

栄養食と

中厚のスーパーワイドサイズのトイレシーツの

ご支援をお願い申し上げます。

厚かましくお願いさせて頂きました。

現在なりふり構わず必死にケアを試み子供達に寄り添っております。どうか、ご理解を賜ります事をお願いします。

お心の留まりましたら、どうかお力添えをお願い申し上げます。

送付新住所

233-0006

横浜市港南区芹が谷3814

ワンモアフィールド本部

天尾奈美子

045-846-0285新しい電話番号の開通工事はまだ出来ておりません