思わぬ結末

昨日の結果

阪神3-4広島

首位攻防第1戦は、広島が1点差を守りきり貯金を28へ伸ばした。

1回阪神03広島

一死12塁から鈴木のタイムリーで1点を先制する。その後、二死12塁からエルドレッドの2点タイムリーでリードを3点に広げる。

4回阪神04広島

一死13塁から會澤のタイムリーでさらに1点を追加する。

5回阪神24広島

無死満塁のピンチを招き上本の犠牲フライで1点を返され、続く福留にもタイムリーを打たれ2点差とされる。

7回阪神34広島

2番手中田が一死走者無しから上本にランニングホームランを打たれ1点差に迫られる。

3番手中崎が8回を3人で片付け、1点リードで迎えた阪神の最終回の攻撃で思わぬ結末が

一死1塁から阪神西岡が盗塁を決めたが、空振り三振後に体勢を崩して打席を飛び出した上本が、2塁へ送球した會澤の守備を妨害したとして西岡が走塁死と判定されダブルプレー

同点、そして逆転への望みがつながったように見え、9回二死2塁のチャンスを福留に託す流れだったがまさかのゲームセット。

先発野村が6回2失点の好投で今季7勝目。4回、5回と二死満塁のピンチを招くも要所を締める投球でゲームを壊さなかった。

敗れた阪神は、7回に上本のランニングホームランで1点差とするも、あと一歩及ばなかった。やはり、打線が初回に阪神先発岩貞から3得点をあげたのは大きかった。

今日の試合

8/218:00マツダスタジアム

先発

阪神小野

広島大瀬良

先発大瀬良は開幕から無敗の7連勝中!今日も連勝記録更新に期待がかかる。また、今日勝てば球団最速のマジック36が点灯するかもしれない。

一方阪神は、今日負けるか、引き分けでも自力優勝の可能性が消滅となる大事な1戦。昨日は4点ビハインドの展開を1点差まで追い上げる粘りを見せている。油断は出来ない。

頑張れ、カープ

広告を非表示にする